腰痛歴20年主婦のモットンマットレス購入体験談!~7日目~

モットンのマットレス体験談-7日目-

朝、起きると布団から出るまでと、出てから日課のように伸びをするのが私のクセなのですが、その時に腰が痛くならないのに驚いています。
半信半疑で返品がきくからと、お試し感覚で購入してみたモットンマットレスですが、思いのほか心地よく良い感じで眠れています。
心なしか腰が痛くない気がしますが、少しでも調子が良くなると、私の方も調子に乗って無理をしてしまうところがあり、その事でいつも主人に叱られています。
息子11才は娘8才になりますが、息子が娘の年くらいには良く腰を揉んでもらったりしましたが、娘の方は頼んでもやってもらえず、せいぜい小さい時に腰の上に乗ってもらい、指圧のようなかたちで踏んでもらったりした事も今は良い思い出です。
その子たちも私の腰の様子が少し変わった事に気がついたのか、
「ママ、最近腰が痛いとか、あんまりつらそうじゃないね。」
とか、言われました。
へっ?!私だけではなく、子供たちからみても少し違って映るそうで、
「よっこいしょ!」「どこっいしょ!」
などの、オバアチャンみたいな掛け声も聞かなくなったと言われました。
私も口癖のようになっていたこの掛け声、止めよう気をつけようと思っていたんですが、何かの番組で大女優の八〇草薫さんが、
「よっこらしょやどっこいしょは、自分にかける応援の言葉だと思っています。」
と言われて、なるほど彼女が言うとかなり説得力があるし、自分を応援する言葉だと思えばそれも悪くないなと思っていました。

でも、考えてみたら方便のような気もしますし、言葉で応援する事無くスムーズに身体が動けたらそれはそれで良いと思います。
自分を応援する気持ちもとても大切な事だと思いますが、それだとどうしても受け身的になってしまいがちで、アンチエイジングの為にもある程度、気持ちは能動的であった方が若さをキープできるのではないでしょうか?
私も長患いのようになってしまった腰痛を抱え、少し受動的な思いで取り組んで来ましたが、少しづつ痛みが緩和されて行く事で、もう少し色々な事にチャレンジしてみようかなという気持ちも起きてきました。
まだ、ちょっとした時に腰に痛みを感じる事はありますが、ここで気持ちが引いてしまう事なく溌剌と毎日を過ごして行きたいと考えています。
今一つ、大切な事がありますが、それは私自身の気持ちを緩めたり引き締めたりが、結構、我ながら難しい事なので、そこのところを自分の心身と相談しながらやって行こうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です